カテゴリー別アーカイブ: よくある質問

よくある質問

photo04

Q1. 意匠とは?

A.意匠とは、物品あるいは物品の部分における形状・模様・色彩に関するデザインをいいます。工業製品として生産された物品のデザインとして重要な価値をもちます。デザインすべてが意匠とはなりません。
 
産業が高度かつ複雑になるにつれて、創意工夫が生産物に対してより大きな価値を与えるようになってきました。工業技術の発達により、同じ性能の工業製品を短期間で数多く生産できるようになると、他者の生産したものとの差は製品そのものの性能や質よりも、別の側面によって決まるようになったのです。

例えば、性能が同じA社製のバイクとB社製のバイクが販売されたとすると、消費者は、どちらのバイクを選択するでしょうか?

性能が同じなら、色や形などのデザインで選ぶ場合が多いと思われます。そのため、デザインに関しては専門家がデザインします。

このようにデザインは、人間の知能によって創作された知的財産なのです。財産には、他者からの侵害の危険性が常につきまといます。ライバル社がまねた製品を販売すれば、売り上げは減少するかもしれません。これでは、常に新しい創作をしようとする意欲はそがれ、産業の発展にとって障害となります。

そこで、製品に関するデザインを権利として法的に保護するようになりました。それが意匠制度であり、その根拠となる法律を意匠法といいます。

Q2. 意匠の目的とは?

意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を推奨し、もって産業の発達に寄与することが目的。

すなわち、意匠法は「手段」として意匠の保護及び利用を図ることにより、「直接の目的」として意匠の創作を推奨し、「終極的」に産業の発達に寄与することを目的としています。

Q3. 意匠権の取得要件とは?

意匠権を取得するためには、登録出願が必要なことは前述しました。しかし、出願すれば直ちに登録されて意匠権を取得できるわけではありません。権利として保護するに値する要件が整っていなければならないのです。

◆ 工業上利用可能性がある

意匠が物品のデザインとして財産的価値を認められているのは、それば物品と結合して工業的に大量生産されることにより、多大な利益を生み出すからです。従って、意匠が権利として認められるには、工業的な生産方法により、同一物を量産出来ることが必要になります。

◆ 新規性があること

意匠は、人間がその創作活動によって新たに生み出したものであるからこそ、法的に保護の対象とされます。つまり、すでに世の中に存在しているものは、保護の対象とはなりません。これを、新規性の要件といいます。
 
次の場合には、新規性が認められず、意匠登録の要件を原則として満たしません。
a … 国内や海外で公然と知られた意匠と同一のもの
b … 国内や海外で頒布された刊行物に記載されたり、インターネットで公表された意匠と同一のもの
c … a、bと類似するもの

この例外として、意匠登録を受ける権利をもつ者が、自分で先に製造販売したために、意匠が世の中に知られてしまっても、最初の販売から6ヶ月以内に出願すれば、新規性を失わないとされています。

◆ 創作性があること

意匠は、人間が頭脳・感性を使って創作したところに、知的財産性が認められます。誰もが簡単に思いつくものであれば、知的財産としての価値はなく、法的な保護に値しません。従って、登録にあたっては、「創作性(創作非容易性)」がなければなりません。

◆ 先願であること

意匠登録出願では、「先願主義」を採用しています。先願主義とは、同一あるいは類似の意匠について複数の登録出願があった場合、先に出願した方を権利者として取り扱うという考え方です。従って、出願した時点で既に同一または類似の意匠について誰かが先に出願した場合は、登録が認められません。

◆ 物品の機能を確保するために不可欠な形状だけからなる意匠ではないこと

物品の機能を確保するために不可欠な形状であれば、それはデザインではなく、技術の領域に属します。その場合、意匠登録の対象とはなりません。

◆ その他の不登録事由に該当しないこと

その他、公の秩序または善良の風俗(公序良俗)に反しないことなどが必要となります。

Q4. 意匠権の移転とは?

意匠権は、メーカーなどに譲渡することでその対価を受け取り、利益を得ることができます。ただ、意匠権の移転は特許庁長官に届け出をして登録を受けなければ、効力を生じません。これは、意匠権が排他的・独占的な権利であり、社会的にも多くの利害関係が生じるからです。

Q5. 意匠登録制度の目的とは?

仮に、意匠(デザイン)が知的財産として認められず、誰にでもマネが出来るものだとすると、創作者の意欲は削がれ、競争や切磋琢磨することがなくなり、産業の発達は望めません。その結果、消費者である国民一般の生活向上にも役立ちません。

その為、意匠法では、工業製品に関するデザインを意匠として登録することによって権利性を認め、法的に保護しているのです。つまり、意匠登録制度は、意匠の保護および利用を図ることにより、意匠の創作を推奨し、産業の発達に貢献することを目的としているわけです。

Q6. 意匠権の効力とは?

意匠権を取得すると、登録された意匠と同じ意匠だけでなく、これに類似する意匠をも排他的に利用することができます。従って、他人が意匠権者の許諾なく登録された意匠を利用すると、それを排除し、損害を回復するという効力をもっています。つまり、他人が意匠を使用することを差し止めるよう求めたり、損害が生じた場合には、損害賠償も請求できます。